システムエンジニアが自分の価値を知る方法

システムエンジニアの市場価値とは

市場価値を理解してスキルアップ

成功を左右する要件定義 成功を左右する要件定義

NEW

  • 成功を左右する要件定義 成功を左右する要件定義

    優秀なシステムエンジニアは要件定義スキルが高いものです。要件定義の優劣はシステム開発の成否に大きく影響します。

  • スキルを向上させる資格 スキルを向上させる資格

    IT資格の取得にチャレンジするのもシステムエンジニアとしての市場価値を高める方法として有効です。

  • 自分の価値を知る方法3選 自分の価値を知る方法3選

    システムエンジニアとしての市場価値を知るために今すぐできる具体的な実践方法を3つ紹介します。

自分の価値を知る方法3選

自分の価値を知る方法3選

システムエンジニアとしての自分の市場価値を測るには、市場について詳しい人にお願いして客観的に判断してもらうのがベストです。身の回りにそのような人がいれば良いのですが、最新動向を常に把握できる一般の人はなかなかいません。では、どうすれば自分の市場価値を知ることができるでしょうか。以下に誰でもすぐにできる方法をご紹介します。

市場価値を測る方法とは

自分の市場価値はじっと考えていてもわからないことなので、同業の求人にまず応募してみるのもひとつの方法です。書類選考を通過できたなら、話を聞いてみる価値は十分あると評価されたと判断できますし、面接を受ければある程度の手応えを感じることができるでしょう。そこまでするのは気がひけるようであれば、求人サイトに履歴書と職務経歴書を登録しておいて、企業側からのスカウトを待つという方法もあります。コンタクトを取ろうとしてくれる企業は、登録した情報を見て価値があると判断したからスカウトしているので、どのような企業なら受け入れてくれる可能性があるのかの目安になります。そして、市場価値を知る方法として最も確実で早いのが、転職エージェントのキャリアコンサルタントなどに相談することです。エージェントなら最新の市場動向は常に把握していますし、多くの人材をマッチングしている実績があるので市場価値の見極めも的確です。

IT業界特化型の「アールストーン」

他社にはないこの業界の多くの事例・実績を元に、的確なアドバイスをさせていただきますので不安なことやわからないことがあれば、なんでもお気軽にお問い合わせください。

参照元>https://www.rstone-jp.com/service/
転職を考えているならば、IT業界特化型エージェントの「アールストーン」がおすすめです。アールストーンのコンサルタントは「キャリアドクター」を自負しており、一人一人の体調に合わせて処方を考える医師のように、それぞれに合ったきめ細やかなサポートや的確なアドバイスを心がけています。

アールストーンアールストーンを利用する

フリーランスなら「レバテックフリーランス」

開発現場のニーズや、企業の風土などを理解し、企業がどのようなITフリーランスエンジニアを募集しているかを正確に把握しています。

参照元>https://freelance.levtech.jp/
フリーランスのITエンジニアが自分の市場価値を確かめたいなら、フリーランス専門エージェントの「レバテックフリーランス」に相談してみてはいかがでしょうか。知識と経験が豊富なカウンセラーが丁寧なヒアリングをもとにしてシステムエンジニアとしての市場価値を見定めてくれるでしょう。

レバテックフリーランスレバテックフリーランスを利用する

業界全般なら「ピタジョブ」

職務経歴やスキルを登録して匿名で公開しておくと、あなたに興味を持った企業の採用担当者からスカウトメールが届きます。

参照元>https://lets.pitajob.jp/contents/about/pitajob/pitajob.html
業界全般の求人情報を集約している「ピタジョブ」は、登録時に入力した希望条件やスキルなどの情報や、求人情報の閲覧履歴などをもとに自動学習し、ぴったりの求人を表示してくれる便利なシステムです。あらゆるデータが数値やグラフで「見える化」されているので、人の手を借りなくても自分の市場価値を確かめることができます。登録情報をそのままにしておけば、企業から直接スカウトメールが届くこともあるので、じっくり転職活動をしたい人などにもおすすめです。

ピタジョブピタジョブを利用する

市場価値を知るためにおすすめの記事

話し上手は聞き上手

話し上手は聞き上手

自分の価値を知る方法3選

自分の価値を知る方法3選

スキルを向上させる資格

スキルを向上させる資格