システムエンジニアの社内価値と市場価値の違いとは

システムエンジニアの市場価値とは

市場価値を理解してスキルアップ

社内と市場の価値は異なる 社内と市場の価値は異なる

NEW

  • 成功を左右する要件定義 成功を左右する要件定義

    優秀なシステムエンジニアは要件定義スキルが高いものです。要件定義の優劣はシステム開発の成否に大きく影響します。

  • スキルを向上させる資格 スキルを向上させる資格

    IT資格の取得にチャレンジするのもシステムエンジニアとしての市場価値を高める方法として有効です。

  • 自分の価値を知る方法3選 自分の価値を知る方法3選

    システムエンジニアとしての市場価値を知るために今すぐできる具体的な実践方法を3つ紹介します。

社内と市場の価値は異なる

社内と市場の価値は異なる

IT業界の活発さが際立つ今の時代、この業界で働くことを目指す人材は増えています。それでもなお人が足りない状態が続いている背景には、IT人材が思うように育っておらず、社内価値はあっても市場価値に満たない人も多いことが考えられます。システムエンジニアとして働いている人が社内でかなりの高評価だったとしても、その評価がそのまま市場価値に反映されるとは限りませんし、その逆の可能性もあります。そのため、自分の市場価値を正しく把握するためには、まず市場価値を測る方法を知らなければなりません。

社内価値と市場価値

人材としての価値には「社内価値」と「市場価値」があります。社内価値とは、それぞれの企業にある独自の基準で決められるもので、役職の有無や年収の差などによって価値に差がつきます。一方の市場価値とは、企業の枠にとらわれずに人材としての価値が評価されるものです。仮に就職から定年退職まで1社で貫くとすれば、目指すべきは社内価値の向上なのかもしれませんが、評価が市場価値とかけ離れてしまうなら、社外では通用しない人材のまま年齢を重ねることになります。日常的には、どちらかというと市場価値よりも社内価値を意識した行動になりがちですが、将来的に転職も視野に入れているならば、市場価値の方を意識しておくことが大切です。

社内価値が高ければ安心というわけではない

社内でも飛び抜けた評価を受けており、誰から見ても優秀と思われていたような人が、いざ転職活動をしてみると他ではほとんど評価されず、なかなか話がまとまらないというケースは珍しくありません。また、1社で長年働き続けてそれなりの役職についていた人が転職する場合にも、社内価値と市場価値の差が開きやすい傾向があります。企業に所属していれば、社内の価値観で物事を測るようになるのはやむを得ないことですが、それがそのまま社会全体に通用するかどうかは全く別の問題なのです。

自分の市場価値を知る方法とは

自分の市場価値を正確に知りたいならば、最新の市場状況に詳しい第三者に判断してもらうのが一番早くて確実です。その第三者としておすすめなのが転職エージェントのコンサルタントです。コンサルタントは転職サポートのプロなので、相談者の持つスキルや経験、実際に話をしてみて感じる人物像、社内評価や自己評価などについて詳細に聞き取った上で総合的に人材価値を見定めます。そして、市場でどのような人材が必要とされているのか、その時点での需要を踏まえて客観的に市場価値を判断します。転職エージェントは、すぐに転職するつもりがない人でも気軽に利用できるので、自分の市場価値を知りたいと相談すれば快く対応してくれるでしょう。

市場価値を知るためにおすすめの記事

話し上手は聞き上手

話し上手は聞き上手

自分の価値を知る方法3選

自分の価値を知る方法3選

スキルを向上させる資格

スキルを向上させる資格